葬儀屋さんはどう探す?探し方のコツと良質な葬儀屋を見極めるポイント

葬儀は突発的にはじまるからこそ、普段から準備しておくことは難しい人生の一大イベントです。

結婚式はあらかじめ日程を定めて入念に準備を進めます。しかし葬儀は親族や家族が亡くなってから急に準備がスタートします。

世の中にはたくさんのご家庭がありますが、普段なら葬儀に供えて棺桶や造花を準備しているというお宅はまずありません。人の死は予見できませんから、私生活がどんな状況で、他にどんな忙しいイベントや危急の事態が重なっていたとしても、突発的な「死」によって葬儀の準備をはじめなければならないところが「葬儀は大変だ」と言われる一因であり、「葬儀準備の難しさ」の一因ともなっています。

 

確かに棺桶や葬儀用の造花を常日頃から用意しておくことは難しいことです。しかし、準備は何も葬儀に使う道具を用意することだけではありません。知識や情報に目を光らせ、いざ葬儀となった時に慌てて調べなくても即座に準備スタートできるような状態にしておくことも一つの準備ではないでしょうか。

 

具体的には、葬儀についての大切な知識として葬儀屋の探し方について知っておきましょう。信頼できる良い葬儀屋の探し方についても、合わせて知っておきましょう。

葬儀の準備は大変!だからこそ知っておきたい良い葬儀屋の探し方

葬儀の準備は人の死でスタートするからこそ、前々から葬儀場の予約をしておくことや、道具を購入しておくことはできません。誰も亡くなっていなのに仏壇の前に祭壇を組んでおくことはできません。葬儀の準備はやはり親族や家族が亡くなってから急にスタートが基本なのです。

 

葬儀の準備をしておくことは、物品の準備を考えると難しいことです。棺桶を用意して家に置いておくわけにはいきません。また、人が何時亡くなるかは、予知能力でもなければわかりません。ゆえに、あらかじめ将来的な日付で葬儀場を予約しておくことはできません。死が突発的なものだからこそ、葬儀を出すこと、その準備をすることは非常に難しいことであると言えます。

 

「葬儀が大変」「疲れた」「慌ただしかった」「頭が真っ白になった」と、とにかく葬儀に対しては大変だという印象があり実際に多くの人が似たような感想を口にするのは、ひとえに葬儀準備の難しさが大きな原因となっているからです。だからこそ、いざという時に焦らないよう「できること」をしておきましょう。

 

葬儀屋の探し方などの「葬儀に関する知識」を知っておくこと。それから、知識をベースに、実際に葬儀店を探し、連絡先や店の場所を把握しておくことや葬儀店に話を聞いておく「葬儀に関する知識を実践すること」の二つは、事前に可能な葬儀の準備です。こういった葬儀屋の探し方などの知識を知っておくことは具体的な葬儀の道具の備えではありませんが、いずれ大いに役に立つことでしょう。

 

ここからは、事前準備である「良い葬儀屋の探し方」について考えてみましょう。

 

①葬儀屋の探し方はネットや電話帳の活用を

葬儀屋の探し方としては、インターネットでの検索や電話帳で探すことといった方法が挙げられます。また、買い物をしている時に葬儀店を見かけたら、そこに葬儀店があったことを覚えておくということも葬儀屋の探し方として有効です。

 

家族や親族が亡くなってから葬儀店を探すと、それだけ準備に時間がかかります。時間がかかると、火葬場や葬儀場の予約がいっぱいになり、葬儀が遅れてしまう可能性があります。葬儀が遅れると、遺体の安置にも費用がかかることなどから、さらに葬儀費用が多く必要になります。葬儀屋の探し方としては「インターネット」「電話帳」「近隣でのチェック」であると覚えておいて、親族や家族が亡くなったらすぐに連絡が取れる状況にしておきましょう。

 

 良い葬儀屋の探し方で注視していきたいのはお店のサイト

葬儀屋の探し方を把握して実際に葬儀店の場所や連絡先を知っていても、それだけでは不十分です。
なぜなら、その葬儀店が良い葬儀店かどうかは、電話帳や店の外観からはわからないからです。葬儀屋の探し方を実践して葬儀店を探しておくだけでなく、さらに一歩踏み込むことにより、良い葬儀店かどうか判別しておくようにしましょう。

 

良い葬儀屋の探し方とは、「実際に葬儀店に話を聞きに行くこと」です。電話帳や外観からはわからないからこそ、実際にお店に話を聞きに足を運んでみると、良い葬儀屋かどうかを判別することができます。インターネットサイトがあるなら、そのお店のサイトを見ておくことも、良い葬儀屋の探し方としては重要です。サイトは「わかりやすい」「見やすい」「参考になる情報がある」「連絡先がわかりやすい位置に掲載されている」などをポイントにチェックしておきましょう。

 

現代においてはお店の入り口だけでなく、インターネット上のサイトもお客さんの入り口になることがあります。きちんと整備し適切な情報を掲示している葬儀店は、「入り口に気を払う」という点で良い葬儀店の可能性が高いのです。もちろんサイトだけで判断できるわけではありません。ですが、良い葬儀屋の探し方の一つの基準になり得ます。

 

良い葬儀屋の探し方では店に足を運ぶことが鍵に

葬儀屋の探し方として気をつけたいのは、実際に見つけた葬儀店に話を聞きに行くという点です。葬儀の費用や香典は地域によって異なることがあります。また、葬儀の内容や葬儀後の儀式も地域によって特色があります。その地域の葬儀情報を手に入れるには、葬儀店に話を聞くのが一番です。一緒に葬儀費用の目安や、近隣のお寺情報なども聞いておきましょう。

 

葬儀店はいざ葬儀となった時に喪主をはじめとした葬儀の中心となる人たちを支えてくれる存在です。だからこそ、情報や経験は十分かをしっかり見ておきましょう。「安心して支えてもらえる」「困ったら適切なフォローや情報を提供してもらえる」ことが良い葬儀店の条件です。

 

もちろん自分たちとフィーリングが合うかどうかも重要です。話し方や態度もしっかり見ておきましょう。それこそが良い葬儀屋の探し方のコツなのです。

最後に

葬儀の準備が何時スタートするか予見できなくても、準備しておけることが二つだけあります。それは、葬儀屋の探し方といった知識や情報、葬儀のノウハウを知っておくこと。それから、葬儀屋の探し方という知識を頼りに、実際に葬儀屋を探しておくことです。

葬儀の準備がスタートしてから葬儀屋の探し方を調べると、準備のスタートが遅れてしまいます。だからこそ、物と違ってかさばらない葬儀屋の探し方などの知識を知り、実際に葬儀屋の探し方の知識を頼りに、あらかじめ近くの葬儀店の連絡先を控えておいたり、実際に話を聞きに行ったりしておきましょう。

葬儀屋の探し方を知り、いざという時に焦らないように葬儀店を見つけておく。目星をつけておく。連絡先を控えておく。どのあたりに店や葬儀ホールがあるか把握しておく。物品の準備は難しいですが、情報や知識を準備しておくことは可能です。

報や知識を準備しておくことで、葬儀の準備がスタートした時に焦らずにスムーズな準備が可能となるのです。